必要のない食費を節約

私が節約しているお金は外食にかけるお金です。今まで土日にご飯を作るのがちょっとめんどくさかったりして外食していたところを、頑張って簡単でもいいからご飯を作るようにしています。それでもちょっと大変な時は、ご飯だけとりあえず炊いて、お惣菜だけ買ってご飯を簡単に済ますなどしています。外食すると思うのですが、その分の金額で食材を買うとかなり沢山の食材が買えます。今は価格破壊で外で美味しいものが安い値段で食べられるのですが、やっぱり食材で買った方がさらに沢山食べれてコスパがよくなります。
外食を節約するのと同じようにやっているのがコンビニ・成城石井・カルディーなどのお店でのお買い物を控えることです。朝・昼・夜ごはんに関係のないものをそこでついつい沢山無駄に買ってしまうからです。この三食の食費以外におやつにかけるお金を節約することも大切です。こういったちょこちょこ買いは結構馬鹿にならない金額になっているからです。

 

この節約方法に気づいた理由は家計簿です。家計簿の食費の項目を私は3つのカテゴリーに分けるようにしました。食材をスーパーなどで買う食費・コンビニなどの三食の食費とは関係ない費用、外食をしたときの食費の3種類です。それを始めてから、コンビニなどでの買い物の金額が結構高いことがわかりました。そこを節約すればかなり食費の節約になります。家計簿をつけるだけでも、自分の使うお金のバランスが分かるので節約の意識が高くなると思います。

 

欲しいものリストの中から一番その時に欲しいものを節約できたご褒美に買うことにしています。家計簿をつけていて、その月の家計がマイナスにならず一か月を乗り越えられて、貯蓄も出来た時は心置きなく自分の欲しいものを買うことにしています。ちなみに先月は鳩時計(無印良品)を買いました。毎日時刻の数だけ鳴いてくれる鳩に癒されています。節約することも大事ですが上手くお金を使うことも大事なので節約節約で、ぎすぎすしないように心がけています。